訪問看護とは

訪問看護ステーションから、病気や障害を持った人が住み慣れた地域やご家庭で継続した療養生活を送れるように、看護師等(理学療法士、作業療法士)が生活の場へ訪問し、医師の指示に基づいて療養上のお世話、医療処置、ターミナルケア(終末期看護)、医療機器の管理、リハビリテーションといった各種支援を提供し、自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。

訪問看護は、どんな人が受けられるの?

訪問看護を必要とする全ての方を対象とし、疾病・障害をもち療養をしながらご家庭で生活されている方が対象です。ご本人だけでなく、支えているご家族もサポートします。
介護保険で、要支援・要介護に認定された方も対象です。

訪問看護は何をしてくれるの?

かかりつけの医師と連絡をとり、病状や療養生活を看護、リハビリの専門家の目で見守り、適切な判断に基づいたケアとアドバイスで、24 時間 365 日対応し、在宅での療養生活が送れるように支援します。

どうすれば訪問看護を受けられるの?

訪問看護は、医療保険や介護保険で受けることができます。 詳しくは下記「訪問看護開始までの流れ」をご覧ください。

サービス開始までの流れ

サービス内容

医療保険の場合

まずは当訪問看護ステーションにご連絡下さい。
訪問看護ステーションから、かかりつけの医師と連絡をとり指示を受け、訪問看護サービスを提供します。

介護保険の場合

担当のケアマネージャーにご相談ください。
介護認定を受けていらっしゃる場合は担当のケアマネージャーさんへご相談下さい。
その時、ケアマネージャーに「週に○日、訪問看護をうけたい」「○○訪問看護ステーションから訪問看護をしてもらいたい」などの要望を伝えてください。
ケアマネージャーさんが利用者様のケアプランを作成します。
その後、当ステーションでケアプランと医師の指示書に基づき、訪問サービスをご提供致します。
介護認定を受けておられない場合はこちらで申請のお手伝いを致します。